NO TEMPLATE

【お知らせ】埼玉スタジアム2002公園エコスタジアム寄附金を募集します

公園から

2022年05月23日

 公益財団法人埼玉県公園緑地協会は、埼玉県内の公園その他公共施設の管理運営に関する事業を通じて、緑豊かな憩いの環境を創造するとともに、スポーツ・レクリエーション等の場を提供し、県民の健康の増進に寄与することを目的としています。

 埼玉スタジアム2002公園でも、環境に配慮した「エコスタジアム」を目指して活動を進めており、平成25~27年度には、「埼玉スタジアム2002公園エコスタジアム寄附金」をもとに、クラブハウス屋上への太陽熱温水器の設置、環境活動の見える化パネル作成、さらにはソーラー式園地照明の設置を行いました。

平成28年度からは、上記寄附金を活用し、公園広場の緑化推進に関する新たな技術の研究、設備の開発などを行い、平成30年度から可搬式緑化コンテナを本格導入しています。

令和4年度は、導入済みコンテナの生育状況などの検証を踏まえ、更なる緑化推進のための樹種変更及び維持管理費用に充てるため、寄附金を募集するものです。

 この活動について、多くの皆様にご協力いただきたく寄附金を募集いたします。

寄附金について

1 目的

公園広場の緑化推進に関する新たな技術の本格導入、既存設備の維持管理を実施します。

2 募集総額

2,000千円

3 募集期間

令和4年5月1日(日)~令和4年11月30日(水)

4 申込方法

以下の寄附フォームよりお申し込みください。

【寄附フォームURL】

https://srv4.asp-bridge.net/parks/form/

5 税制上の優遇措置について

当協会へご寄附いただいた場合、所得税・法人税の優遇措置があります。また、一部の自治体では、個人住民税の寄付金税額控除の対象となります。

詳細は、下記添付資料の「寄附金の税優遇について」をご確認ください。

令和4年度実施予定の事業概要

 埼玉スタジアム2002公園の北と南にある広場は、陽射しを避けるための緑陰樹が少ない状態です。しかし、広場は各種イベント毎に使われ方が異なるため、緑陰樹を植樹することは好ましくありません。

 そこで、場所の移動が可能で、かつ大きな木陰が出来る樹木を配置することを目的として、可搬式コンテナの研究や樹木の選定など、実用化に向けた技術研究、設備開発を平成28年度と平成29年度に実施しました。

 その結果、この技術が公園利用者の利便性・安全性の向上につながることが確認できたため、平成30年度からこの技術を本格導入するために設備の購入・既存設備の維持管理などを実施しています。

 令和4年度は、樹木の生育状況などこれまでの検証を踏まえ、広場のさらなる緑化推進と木影確保のため、樹種の変更及び維持管理などを実施する予定です。

実用化時のイメージ図 実用化時のイメージ図

添付資料